• HOME>
  • 外為ジャパンの強み

外為ジャパンの強み

外国為替証拠金取引サービスを提供している業者にはそれぞれの特色があり、
多くの取引業者から選定をするのは難しいことでしょう。
ここでは、私たち、外為ジャパンFXの特徴、いわば強みをお伝えします。選定の一助になれば幸いです。

外為ジャパンが選ばれる5つのPOINT!

  • POINT1 業界最狭クラスのスプレッド!
  • POINT2 1,000 通貨単位からの取引が可能!
  • POINT4 安心!平日 24 時間サポート
  • POINT5 クイック入金 約380金融機関対応!
  • POINT6 手数料 無料!

POINT1 業界最狭クラスのスプレッド!

自信の最狭水準スプレッド!原則固定!【例外あり】

スプレッド

詳細はこちら

スプレッドの説明

※上記スプレッドは固定されたスプレッドではありません。リーマンショックや東日本大震災のような突発的な事象が発生した場合や、市場の流動性が低下している場合(月曜日の午前7時~午前8時頃、夏時間の午前6時前後(冬時間の午前7時前後)、年末年始、クリスマス時期など)、経済指標の発表前後の時間帯等(経済指標カレンダーはこちら)においては、スプレッドが拡大する場合があります。また、当社がカバー先等から受信するレートのスプレッドが拡大した場合は、お客様に配信する外国為替レートのスプレッドも拡大します。なお、その上限は一定値に限定されません。
※注文の成立に伴い、スリッページが発生する可能性があります。スリッページとは、一般的に注文時の表示価格と約定価格との差を指していますが、当該価格差については、お客様にとって有利な場合もあれば、不利な場合もあります。

広告掲載日(2019/10/15)

ページのトップへ戻る

POINT2 1,000通貨単位取引

外為ジャパンFXでは1,000通貨単位からお取引が可能となります。
10,000通貨でのお取引と比べて、約10分の1の証拠金でお取引いただけます。
初めて取引を行う方、損失を抑えたい方などにおすすめです。

詳しくはこちらをご覧ください。

ページのトップへ戻る

POINT4 安心!24時間サポート

取引に関するさまざまな疑問やトラブルを、平日24時間いつでもつながる安心サポート!

お問い合わせ先はこちらをご覧ください。

ページのトップへ戻る

POINT5 クイック入金 約380金融機関対応

平日はもちろん、土・日・祝祭日も原則24時間いつでもPC・モバイルから入金可能!
380の提携金融機関にて手数料無料(当社負担)で利用できます。

※モバイルでのクイック入金は金融機関によって対応機種等の制約がある場合が ありますので、各金融機関のホームページなどでご確認ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行
ページのトップへ戻る

POINT6 手数料 無料!

株式や投資信託など、金融商品の多くは、取引を行うのに「手数料」がかかります。
FXも、会社によっては、少ないながらも手数料がかかってしまいます。

外為ジャパンFXは、すべてのお取引について手数料を0(ゼロ)円としております。
また、口座開設のときも、口座維持手数料も、出金の手数料もかかりません(※)

手数料0円!!

  • ※クイック入金サービスをご利用いただくと、入金の手数料も無料(当社負担)となります。
    当社が提携している約380の金融機関のインターネットバンキングサービスを利用した「クイック入金サービス」の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

  • サービスのご案内
  • 取引システム
  • マーケット情報
  • よくあるご質問
  • 会社情報

【外為ジャパンFX投資にかかる手数料、リスク等について】

店頭外国為替証拠金取引は、元本及び利益が保証されたものではありません。お取引の対象となる通貨ペア及び銘柄の価格の変動、スワップポイントの変動または、受け払いの逆転、各国の経済・社会情勢、金融政策、金融指標の数値の変動によっては損失が生じることとなります。
お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、 その損失は預託された証拠金の額を上回るおそれがあります。口座管理費及び取引手数料は無料です。
注文の際に必要となる証拠金は、外為ジャパンFXでは各通貨ペアとも取引の額に対して、個人口座、法人口座とも最低4%以上の証拠金が必要となります。なお、法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額と、取引の額に4%を乗じて得た額のどちらか高い額以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変動等により、スプレッド幅が拡大、または、意図した取引ができない可能性があります。

上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。お取引に際しては契約締結前交付書面及び約款をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引・出資の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。

商号等
株式会社DMM.com証券 第一種金融商品取引業者/第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者
加入協会等
日本証券業協会 日本投資者保護基金 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人第ニ種金融商品取引業協会
金融庁 金融先物取引業協会 証券・金融商品あっせん相談センター プライバシーポリシーについて
FX取引の規制について SESC