世界がつながる、未来がひろがる。

新規口座開設+新規取引で20,000円キャッシュバック

最短5分入力完了・お取引まで最短翌日
口座開設(無料)はこちら
新規口座開設 20,000円キャッシュバック

初めてFX取引をする方へ

選ばれる4つの理由

すべての手数料が無料

すべての手数料が無料

全てのお取引について手数料は0円です。
口座開設手数料、口座維持手数料、
ロスカット手数料 出金手数料など、すべてが無料です。

※「クイック入金サービス」のご利用により入金も手数料がかかりません。

クイック入金が可能

クイック入金が可能

クイック入金とは、取引ツールにて、簡単な操作でお客様の金融機関口座からリアルタイムに資金が移動し、お取引口座に反映されるサービスです。
日祝日も含め24時間対応のため、お取引のタイミングを逃しません。

※クイック入金が利用可能な約380の金融機関の中からインターネットバンキングの契約を結ぶ必要があります。

少額からのお取引が可能

少額からのお取引が可能

1,000通貨単位からのお取引が可能です。 主要通貨である米国ドルは、1米ドルが110円の場合に約4,400円の証拠金で 取引いただけます。新興国通貨として注目の南アフリカランドであれば、 1南アフリカランドが8円の場合、証拠金は取扱い通貨ペアの中では最安の約320円となります。

全額信託保全

全額信託保全

日証金信託銀行株式会社、株式会社SMBC信託銀行、およびFXクリアリング信託株式会社と信託契約を締結し、お客様からお預かりした証拠金を信託口座にて区分管理しています。信託保全されたお客様の資産は、万が一当社が破たんした場合であっても保全されます。

最短5分入力完了・お取引まで最短翌日
口座開設(無料)はこちら

充実の取引システム

お客様の投資スタイルやご利用環境に合わせてお取引システムをお選びいただけます

PC用ツール

外為ジャパンFX PRO

外為ジャパンFX PRO

初心者にも分かりやすく
使いやすいスマートな操作画面
クイックガイド

外為ジャパンFX PLUS

外為ジャパンFX PLUS

変幻自在にカスタマイズ
プロフェッショナルな上級者モデル
クイックガイド

外為ジャパンFX
発注版プレミアチャート

外為ジャパンFX 発注版プレミアチャート

高機能な分析ツール搭載
チャートを分析しながらお取引
クイックガイド

スマホ用ツール

iPhoneアプリ版

iPhoneアプリ版

まるでPC取引ツールのような
直感的な操作性を実現
クイックガイド

Androidアプリ版

iPhoneアプリ版

滑らかな操作性
シンプルな画面に充実機能
クイックガイド

最短5分入力完了・お取引まで最短翌日
口座開設(無料)はこちら

24時間安心のサポート

0120-963-490

【冬時間】月曜AM7:00 - 土曜AM6:50【夏時間】月曜AM7:00 - 土曜AM5:50

お問い合わせフォームはこちら

LINE いつでもどこでも
手軽にLINEでお問い合わせいただけます。

口座開設・入金・取引方法に困ったらLINEでお気軽にご質問ください。

お問い合わせフォームはこちら

「Lot」とは?
DMMFXにおける通貨売買単位を「Lot」といいます。
DMMFXでは1Lot=10,000通貨(10,000USドル、10,000ユーロなど)となります。
そもそも「FX」とは?
FXとは「外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)」のことで、「外国為替及び外国貿易法」で認められた投資商品です。海外旅行に行く前に、日本円をドルなどの現地通貨に交換しますよね。そう、「両替」です。「外国為替取引」も、これと基本的には同じです。

通貨の価格は、いつも一定ではありません。
1ドルと100円を交換できる時もあれば、 1ドルを90円で交換できる時もあります。
もし90円で手に入れた1ドルを、1ドル=100円の時に再び「円」に戻せば、10円が増えることになりますね!こうして、通貨交換時の差額によって、お金を増やせる投資法がFXなのです。
FX取引の仕組み① レバレッジ取引
FXの最大の特徴は、資金を「証拠金」として預け入れることで、手持ち資金よりも大きな規模の「外国為替取引」ができる点です。DMMFXでは、預け入れた証拠金の25倍の規模でトレードできます(『レバレッジ25倍』といいます)。
例えば、10万円の「証拠金」があれば、その25倍の250万円相当のドルやユーロをトレードできるのです。1ドル=100円とすると、10万円の資金で売買できるドルは、通常1,000ドルですが、証拠金10万円×レバレッジ25倍で、売買できる総代金は2万5000ドルとなるわけです。
1ドルあたり10円の利益が出た場合、得られる総利益は25万円。少ない元手で、大きな利益を狙うことができるのです。
反面、為替レートが意に反して動いた場合は、損失額も大きくなるおそれがあります。FXでは、レバレッジに関するリスクをよく理解してトレードすることが重要です。
FX取引の仕組み② 差金決済
FXでは、実際の通貨の受渡しはしません。
「1ドル=100円の時、1万ドル買った」「1ドル=110円の時、1万ドル売った」という記録上の数字だけがやりとりされています。このように現物の受け渡しを行わずに、売りと買いの差額の授受で決済することを「差金決済」といいます。数字だけのやりとりなので、現実には手元にない外国通貨を「売って、買い戻す」というトレードも、FXなら可能です。
つまり通貨を「安い時に買って→高くなったら売る」だけでなく、「高い時に売って→安くなったら買い戻す」ことで、その差額を利益にできます。よって円高局面・円安局面の両方でトレードのチャンスが広がります。
円高、円安ってなに?
ニュースでよく、アメリカドルー日本円の為替レート=「円相場」が話題となります。
ドルに対して、日本円の価値が上がれば「円高」、逆に価値が下がれば「円安」です。
例えば、これまで「1ドル=100円」つまり、1ドルを手に入れるのに100円かかったものが、110円かかるようになったとしましょう。これは「1ドル=110円」で「円安」、円が安くなったといえます。
つまり、日本円を元手にアメリカドルを買って保有している人なら、円安の方が資産が増えるというわけです。
スワップポイントってなに?
FXの投資メリットのひとつが「スワップポイント(金利調整分等)です。
政策金利は各国によって異なります。現在、金利が低い通貨の代表格が日本円やユーロで、金利の高い通貨の代表格は、南アフリカランドやニュージーランドドル(NZドル)です。日本円のような金利の低い通貨で、NZドルのような高金利通貨を買って、決済せずに保持している間は、その金利調整分等を毎日、利息のようなかたちで受け取ることができます。トレードによる売買差益とは別に、得たスワップポイントだけを出金することも可能です。
実際のスワップポイントは日々変動しますが、2020年4月1日のNZドル/円を例に挙げると、買いスワップは1万通貨あたり10円。普通預金等と比べて格段に高い投資利回りが魅力となります。
「スプレッド」とは?
FX取引での、買値(Ask)と売値(Bid)の価格差のことをスプレッドといいます。
DMMFXでは、USD/JPY(USドル/円)の取引ならスプレッド0.2銭です(原則固定/例外あり)*。
買う時には「1ドル=108.832円」、売る時には「1ドル=108.830円」となります。
よってスプレッドが狭いほどトレーダーに有利になります。
スプレッドはFX業者によって異なります。 *【原則固定/例外あり】……上記スプレッドは固定されたスプレッドではありません。リーマンショックや東日本大震災のような突発的な事象が発生した場合や、市場の流動性が低下している場合(月曜日の午前7時~午前8時頃、夏時間の午前6時前後(冬時間の午前7時前後)、年末年始、クリスマス時期など)、経済指標の発表前後の時間帯等(経済指標カレンダーはこちら)においては、スプレッドが拡大する場合があります。また、当社がカバー先等から受信するレートのスプレッドが拡大した場合は、お客様に配信する外国為替レートのスプレッドも拡大します。なお、その上限は一定値に限定されません。
「新規・決済注文」とは?
FX取引は、新規注文→決済注文という流れでおこないます。
大まかには次の通りです。
1)「新規注文」によってトレードをスタート
2)注文が成立(約定)したものを「ポジション」として保有
3)「決済注文」を発注し、約定したら損益が確定・トレード完了

決済注文は、新規注文の反対売買となります。つまり、新しく通貨を買った場合=「新規買い注文」に対しては、「決済売り注文」をおこなうことで、トレード完了となります。
また、通貨を「買って、売る」だけでなく、「売ってから、買い戻す」というトレードができるのもFXの特徴なので、FX取引の流れは、以下の2通りとなります。
・新規買い注文→決済売り注文
・新規売り注文→決済買い注文
「ロスカット」とは?
レートが不本意な方向に動いて損失が出てしまったときに、お客様の損失額がある程度のラインを超えないように設けられたシステムが「ロスカット」です。
DMMFXでは、証拠金維持率が50%以下になったらロスカットとなり、強制的に決済注文が出されます(その際の手数料は無料)。
閉じる