• HOME>
  • 2022年 ゴールデンウィークのスケジュール

2022年 ゴールデンウィークのスケジュール

≪5月3日(火)更新≫
5月3日(火)~5日(木)の「振込入金」に関して、ご案内を修正しました。
詳細はこちらをご参照ください。

2022年 ゴールデンウィークのカレンダー

日付 取引時間 カスタマーサポート
4月25日(月) 通常どおり
4月26日(火) 通常どおり
4月27日(水) 通常どおり
4月28日(木) 通常どおり
4月29日(金・祝) 通常どおり
4月30日(土) 休業
5月1日(日) 休業
5月2日(月) 通常どおり
5月3日(火・祝) 通常どおり
5月4日(水・祝) 通常どおり
5月5日(木・祝) 通常どおり
5月6日(金) 通常どおり
  • ※ゴールデンウィーク期間中も通常どおりお取引いただけます。
  • ※通常時の取引時間はこちらからご確認ください。

ゴールデンウィーク期間中のお取引について

ゴールデンウィーク期間中は国内取引市場の休場等により市場流動性が低下するため、安定したレート配信が困難になることが予測されます。レートの急変やスプレッド(売値と買値の差)の拡大、レート配信の停止等に伴い、ロスカットや逆指値注文が想定よりも不利なレートで約定することや、注文が不成立となる可能性がございます。お客様におかれましては、事前の保有ポジション調整や、ご資金の追加入金などにより、余裕をもったポジション管理をお願い申し上げます。

ページのトップへ戻る

スワップポイントについて

ゴールデンウィーク期間中のスワップポイントの発生は変則的になります。保有されているポジションによっては通常よりも大きなスワップポイントの支払いが生じる可能性がございますので、あらかじめご留意いただきますようお願いいたします。

  • ・ゴールデンウィーク期間中のスワップポイント付与日数予定はこちらからご確認ください。
  • ・1Lotあたりの付与ポイントにつきましてはスワップカレンダーからご確認ください。
    ※スワップカレンダーにつきましては翌営業日までの掲載となります。あらかじめご了承ください。
ページのトップへ戻る

ゴールデンウィークの入金について

クイック入金

クイック入金はインターネットバンキングを利用した入金方法です。
ゴールデンウィーク期間中も24時間リアルタイムに反映します。

【クイック入金の注意事項】

  • 各金融機関の営業スケジュールやメンテナンス等によって、クリック入金がご利用いただけない場合がございます。各金融機関のホームページ等よりゴールデンウィークの営業スケジュールをご確認ください。
  • クイック入金の最後に表示される[加盟店へ戻る]や[閉じる]等のボタンを押さずにブラウザの[×]ボタンで画面を閉じたり、ブラウザアプリを終了したりすると、入金が即時反映されない場合がございます。必ず画面の指示に従って最後まで操作を行ってください。
  • ゴールデンウィークの期間中、インターネット回線の切断や不正な画面遷移によってクイック入金にエラー等が発生した場合、入金の反映が5月6日(金)以降となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

振込入金

≪5月3日(火)更新≫
5月3日(火)~5日(木)は振込入金による取引口座へのご入金は行えません。
5月3日(火)~5日(木)にお振込みいただいた資金については5月6日(金)より順次取引口座へ反映いたします。

  • モアタイムシステム参加金融機関からの振込入金についても、5月3日(火)15時30分~5日(木)のご入金については、5月6日(金)より順次取引口座へ反映いたします。
日付 入金反映
4月25日(月)
4月26日(火)
4月27日(水)
4月28日(木)
4月29日(金・祝)
4月30日(土)
5月1日(日)
5月2日(月)
5月3日(火・祝) ×
5月4日(水・祝) ×
5月5日(木・祝) ×
5月6日(金)

【振込入金の注意事項】

  • 必ず当社に登録されているご本人様の名義でお振り込みください。異なる名義からの入金は反映することができません。
  • 毎日2時~4時、日曜19時~月曜8時はメンテナンスのため自動反映されません。
  • 土曜日の当社システムメンテナンス中、および当社・接続システム・金融機関のメンテナンス時間は自動反映されません。
ページのトップへ戻る

追加証拠金について

ゴールデンウィーク期間中においても追加証拠金に関する日程は通常どおりとなります。

追加証拠金判定時刻 火曜日~金曜日:06時00分 / 土曜日:05時50分 ※1
解消期限 追加証拠金発生の翌営業日04時59分 ※2
マージンカット 追加証拠金発生の翌営業日05時00分 ※2
  • 1 各営業日の最終レートにて証拠金維持率を算出し、追加証拠金判定を行います。
  • 2 土曜日に発生した追加証拠金は、翌週火曜日04時59分が解消期限です。

【追加証拠金についての注意事項】

  • ゴールデンウィーク期間中においては、入金反映時間が通常時とは異なります。あらかじめご入金をいただくなど、お取引口座内の資金管理には十分にご注意ください。詳細はゴールデンウィークの入金についてをご確認ください。
  • 解消期限までに追加証拠金が0円とならない場合、反対売買により保有しているポジションの「マージンカット(強制決済)」を行います。
  • 追加証拠金が発生した場合、出金予約および注文中の新規注文がすべて取り消されますのでご注意ください。
  • 追加証拠金額のお取引画面への反映は、リアルタイムではなく、追加証拠金判定時刻から約30分程度お時間を要します。追加証拠金判定時刻直後には確認いただけませんのでご注意ください。
  • クイック入金をご利用された場合であっても、エラー等の理由により入金が反映がされなかった場合は、別途ご入金やポジション決済にて追加証拠金を解消いただく必要がございます。この場合にお客様に生じた損失・機会利益の逸失、費用について当社は一切の責任を負いません。
ページのトップへ戻る

出金について

4月28日(木)15時00分以降の出金予約は5月6日(金)以降の出金予定となりますのでご注意ください。

出金予約時刻 出金予定日
4月27日(水) 15時00分以前 4月28日(木)
15時00分以降 5月2日(月)
4月28日(木) 15時00分以前
15時00分以降 5月6日(金)
4月29日(金・祝)~5月1日(日) 終日
5月2日(月) 15時00分以前
15時00分以降 5月9日(月)
5月3日(火・祝)~5日(木・祝) 終日
5月6日(金) 15時00分以前
15時00分以降 5月10日(火)
ページのトップへ戻る

主要な提携金融機関の連絡先

三井住友銀行 0120-563-143
参考ページ
  楽天銀行 0120-77-6910
参考ページ
みずほ銀行 0120-324-286
参考ページ
  PayPay銀行 0120-369-074
参考ページ
三菱UFJ銀行 0120-860-777
参考ページ
  住信SBIネット銀行 0120-974-646
参考ページ
りそな銀行 0120-24-3989
参考ページ
  ゆうちょ銀行 0120-10-8420
参考ページ
auじぶん銀行 0120-926-111
参考ページ

上記以外は各金融機関のホームページよりご確認をお願いいたします。

ページのトップへ戻る

お電話でのお問い合わせ

カスタマーサポート:0120-963-490

ページのトップへ戻る

メールでのお問い合わせ

365日いつでもお問い合わせいただけます。
回答につきましては、当社営業時間内となりますので、その旨御了承下さい。

ページのトップへ戻る

LINEでのお問い合わせ

LINEを使って、【外為ジャパンFX】カスタマーサポートへお問い合わせいただけます。
お客様からいただきましたご質問に対して、カスタマーサポートのオペレーターが回答いたします。

LINE友達追加

◎当社からの受付及び回答時間
【冬時間】月曜AM7:00~土曜AM6:50
【夏時間】月曜AM7:00~土曜AM5:50

LINEでのお問い合わせ受付サービスに関する詳細は、こちらをご覧ください。

  • サービスのご案内
  • 取引システム
  • マーケット情報
  • よくあるご質問
  • 会社情報

【外為ジャパンFX投資にかかる手数料、リスク等について】

店頭外国為替証拠金取引は、元本及び利益が保証されたものではありません。お取引の対象となる通貨ペア及び銘柄の価格の変動、スワップポイントの変動または、受け払いの逆転、各国の経済・社会情勢、金融政策、金融指標の数値の変動によっては損失が生じることとなります。
お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、 その損失は預託された証拠金の額を上回るおそれがあります。口座管理費及び取引手数料は無料です。
注文の際に必要となる証拠金は、外為ジャパンFXでは各通貨ペアとも取引の額に対して、個人口座、法人口座とも最低4%以上の証拠金が必要となります。なお、法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額と、取引の額に4%を乗じて得た額のどちらか高い額以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変動等により、スプレッド幅が拡大、または、意図した取引ができない可能性があります。

上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。お取引に際しては契約締結前交付書面及び約款をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引・出資の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。

商号等
株式会社DMM.com証券 第一種金融商品取引業者/第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者
加入協会等
日本証券業協会 日本投資者保護基金 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
金融庁 金融先物取引業協会 証券・金融商品あっせん相談センター プライバシーポリシーについて
FX取引の規制について SESC