お知らせ詳細

[2020年10月12日]

重要 【再掲】「出金先金融機関登録・変更」受付方法変更のお知らせ

いつも【外為ジャパンFX】をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

昨今報じられております通り、第三者の不正アクセスによる被害が広がりを見せております。

 

当社では不正アクセスに伴うお客様への被害を防止するため、9月25日(金)から当面の間、
取引ツール上からの「出金先金融機関登録・変更」を停止させていただきます。
お客様にはご不便、ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

「出金先金融機関登録・変更」の手順については、以下をご確認ください。

 

■「出金先金融機関登録・変更」の手順
1. カスタマーサポートまで「お問い合わせフォーム」「LINE」「お電話」にてご連絡ください。

 

≪カスタマーサポートご連絡先≫
▼お問い合わせフォーム
https://www.gaitamejapan.com/form/inquiry/deposit_withdraw/
※「お問い合わせ内容」入力欄に「出金先金融機関登録・変更希望」の旨をご入力ください。
▼フリーコール
0120-963-490 (月曜07時00分~土曜05時50分)
▼LINE
@gaitamejapanfx
※以上のLINE IDを「友だち追加」していただくとお問合せいただけます

 

2. 当社よりご登録住所宛に「出金先金融機関口座の登録・変更届」を郵送いたします。

 

3. 「出金先金融機関口座の登録・変更届」をお受け取りになられましたら、
必要事項を記入し、同封の返信用封筒にて当社までご返送をいただく、
またはスマートフォンなどで変更届を撮影し、画像データをメールにて送信いただきますようお願いいたします。

 

▼「出金先金融機関口座の登録・変更届」送信先メールアドレス
support@gaitamejapan.com

 

4. 当社にて「出金先金融機関口座の登録・変更届」を受領後、
順次登録・変更手続きを行い、完了いたしましたらメールにてご連絡いたします。

 

※登録住所に変更があるお客様は、事前にお問い合わせフォームから住所変更をご依頼ください。

 

▼登録情報変更について
https://www.gaitamejapan.com/form/inquiry/registration_information/

 

ご質問・ご不明な点がございましたら、カスタマーサポートまでお気軽にお問い合わせください。
今後ともDMM.com証券をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

  • サービスのご案内
  • 取引システム
  • マーケット情報
  • よくあるご質問
  • 会社情報

【外為ジャパンFX投資にかかる手数料、リスク等について】

店頭外国為替証拠金取引は、元本及び利益が保証されたものではありません。お取引の対象となる通貨ペア及び銘柄の価格の変動、スワップポイントの変動または、受け払いの逆転、各国の経済・社会情勢、金融政策、金融指標の数値の変動によっては損失が生じることとなります。
お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、 その損失は預託された証拠金の額を上回るおそれがあります。口座管理費及び取引手数料は無料です。
注文の際に必要となる証拠金は、外為ジャパンFXでは各通貨ペアとも取引の額に対して、個人口座、法人口座とも最低4%以上の証拠金が必要となります。なお、法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額と、取引の額に4%を乗じて得た額のどちらか高い額以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変動等により、スプレッド幅が拡大、または、意図した取引ができない可能性があります。

上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。お取引に際しては契約締結前交付書面及び約款をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引・出資の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。

商号等
株式会社DMM.com証券 第一種金融商品取引業者/第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者
加入協会等
日本証券業協会 日本投資者保護基金 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人第ニ種金融商品取引業協会
金融庁 金融先物取引業協会 証券・金融商品あっせん相談センター プライバシーポリシーについて
FX取引の規制について SESC