取引リスクについて

取引リスクについて

指値、逆指値は指定した価格どおりに約定されますか?

指値は原則、指定した価格にて約定しますが、逆指値は以下のような場合にはスリッページが発生し、指定された価格よりも不利な価格で約定する可能性があり、意図していない損失を被る可能性がございます。

【例】21:30の経済指標発表後、レートが瞬時に変動した場合
USD/JPY 21:30:00(時:分:秒) Bid 102.100 Ask 102.110
USD/JPY 21:30:05(時:分:秒) Bid 104.200 Ask 104.210
1.103.500で指値売りの注文が入っている場合、指値は103.500で約定します。
2.103.500で逆指値買いの注文が入っている場合、逆指値は104.210で約定し指定したレートよりも不利なレートで約定します。
3.IFDで新規逆指値買い102.500、決済指値売り102.700で注文した場合、新規注文は104.210で約定し、決済注文は102.700で約定します。
よって、-151銭の損失確定となります。

※指値注文について、週明けに当社が初めて配信する価格がお客様の指値注文の価格に達していた場合のみ、当該初めて配信する取引レートで約定します。

逆指値のスリッページに限度はありますか?

逆指値のスリッページは、市場でどの程度急激にレート変動するかによるため、スリッページに限度はありません。

スプレッドが大きく広がる理由は何ですか?

主要国での祝日や、マーケットの終了間際・週始めのお取引、あるいは通常の取引時間帯において重要な経済指標の発表・要人発言・重要なイベントや市場間の間隙では極端に流動性が低下する等の理由によりスプレッドが広がります。
また、スプレッドは固定化されたものではなく、カバー取引先から配信されるレートをもとに、弊社において提示するレートが決まります。そのためカバー取引先に一時的かつ、大量の注文等が入ることにより、カバー取引先から弊社へ配信されるレートのスプレッドが広がることで、弊社の提示するレートのスプレッドも広がる場合があります。

注文は遅延なく執行されますか?

経済指標発表前後や週明けのシステム稼働直後等は注文が集中し、注文が執行され、約定するまでに遅延が生じる場合があり、注文価格よりも不利なレートで約定する可能性があります。

レート配信が止まり、取引ができませんがなぜですか?

一部通貨ペアでは市場流動性が乏しく、カバー取引先から弊社へのレート配信が止まることにより、お客様へレート配信することができなくなることがあります。
その際は、当該通貨ペアのお取引ができなくなります。
それに伴い、レート配信停止前と再開後にレートの乖離が生じ、お取引に不利益をもたらす可能性があります。
また、弊社システムに不具合が生じ、レート配信ができなくなることにより、お取引に不利益をもたらす可能性もあります。

ページのトップへ

  • サービスのご案内
  • 取引システム
  • マーケット情報
  • よくあるご質問
  • 会社情報

【外為ジャパンFX投資にかかる手数料、リスク等について】

店頭外国為替証拠金取引は、元本及び利益が保証されたものではありません。お取引の対象となる通貨ペア及び銘柄の価格の変動、スワップポイントの変動または、受け払いの逆転、各国の経済・社会情勢、金融政策、金融指標の数値の変動によっては損失が生じることとなります。
お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、 その損失は預託された証拠金の額を上回るおそれがあります。口座管理費及び取引手数料は無料です。
注文の際に必要となる証拠金は、外為ジャパンFXでは各通貨ペアとも取引の額に対して、個人口座、法人口座とも最低4%以上の証拠金が必要となります。なお、法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額と、取引の額に4%を乗じて得た額のどちらか高い額以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変動等により、スプレッド幅が拡大、または、意図した取引ができない可能性があります。

上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。お取引に際しては契約締結前交付書面及び約款をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引・出資の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。

商号等
株式会社DMM.com証券 第一種金融商品取引業者/第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1629号 商品先物取引業者
加入協会等
日本証券業協会 日本投資者保護基金 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人第ニ種金融商品取引業協会
金融庁 金融先物取引業協会 証券・金融商品あっせん相談センター プライバシーポリシーについて
FX取引の規制について SESC